174.旅行 海外レストラングルメ 

私にとって旅行先の食事は非常に大切で、その国の印象を大きく左右します。
後遺症のため頻繁に休憩が必要なので動ける時間が少ないですし、
キョロキョロしながら歩くと気持ちが悪くなってしまうため、
短い旅行の期間で効率よく行きたい場所を廻る事と同時に、どこでおいしい物を食べるか、
ご馳走続きでおいしく食べられないことを避けるための作戦など、事前に計画しできる限り日本で予約します。
お店の休みと、現地でのコンサートや劇鑑賞の予定も見ながら決めますが、悩まくも楽しい時間です。

有名なレストランガイドブックはミシュランガイドですが、高級店だけでなく、
コストパフォーマンスが高い店を紹介した”ミシュラン・ビブグルマン”というものもある様です。

尚、ミシュランのこのサイトでは、目的地へのルートガイド、所要時間と共に、
途中にあるお勧めレストランを教えてくれるので、レンタカーで移動する際に便利です。

また、欧州の星付レストランを紹介したサイトもあり、ここから各お店のHPに入り、
料理の画像を見たり、値段の確認、予約もできます。
値段を見ると冷静に戻ってしまいますが、見るだけでワクワクします。
生きているうちに行ってみたいと考え、妻と共に何軒かの店で料理を味わいました。

Trip Adviserも便利で、日本語でジャンルを絞り込みながらランキング、口コミを見て簡単に予約できますので、
時々使いますが、人による好み、住んでいる国による感じ方などが違う点は注意です。
ネットの旅行記なども参考にしますが、やはり好みの違いはありますし、
ホテルの人にお勧めの店を聞けば大外れは無いと思いますが、やはり好みの問題は残ります。

悔しいのが、食べられる回数、量が限定されており、泣く泣くお店を絞り込まなければならない事です。
過去の投稿で未来の技術を紹介しましたが、
どんどん食べることができながら体重は増えない”スペア胃袋”ができて欲しいと本気で思います。
未来の技術に関する投稿は、こちらこちらをご覧下さい。

私は、同じ金額で、できるだけおいしい物を食べたいので、
プロの料理人が推薦する店を紹介した本を見つけて買い、紹介されている店に行ってみたら大正解でした。
料理の写真も沢山あり、自分で料理する際のイメージを膨らませるのにも役立ちます。
何回も海外旅行には行けませんが、写真を見るだけでその国に想いを馳せ、楽しめます。
色々な国・街を対象にした、このような本があると嬉しいです。

私が参考にしてお店を選んだ本です。
有名な料理人が自身の店の紹介と共に、推進する店が紹介されています。
店の特徴と共にシェフと料理の写真がありますし、値段の目安、営業日・時間があり非常に便利です。
店の開店日、コンサートなどのイベント参加日と共に、
同じような料理が連続しないよう注意しながら以下の店を決め、
店のホームページから予約して料理を楽しみました。
この本を読んで食事をした店は、A Noste、Belhara、KIGAWAですが、どれも何度も訪れたい良店でした。
尚、日本人初の3つ星シェフとなったKeiの小林氏も推薦人の1人です。

上の本より少し古いですが買いました。
この本も料理人が推進する店が紹介されています。
また、最初に良い店選びのコツ、店の種類と特徴、ちょっとしたマナーなどが書かれており参考になります。

図書館で読んでとても良かった本です。
行ってみたいお店満載でした。

この本も図書館で読み、とても興味を持ちました。

地区毎に、グルメ、お土産、ファッションの店、見所が写真付で紹介されています。
地図も書かれており歩きながら楽しむのに便利です。
図書館で借り、この本の情報も現地で活用しました。

Follow me!

コメントを残す