172.旅行 効率的な楽しみ方ノウハウ

脳梗塞から復帰後、余命5~10年程と勘違いしていました。
その為、生きているうちに好きな事をしたいと考えて、妻と欧州旅行に行って楽しみまくりました。

健康な時は、とにかく歩き回るのが好きでしたが、脳梗塞後遺症のため短時間しか活動できません。
また、頭が疲れたら横になって休む必要があるので色々工夫しました。
今回、脳梗塞後遺症のため、私が工夫した事を紹介します。
健康な人であっても、効率的にじっくり楽しむ方法として参考になると思います。

コロナ禍が収まれば、何とか費用を捻出してまた行きたいです。

【ポイント】
綿密な計画を立て、できるだけ日本で予約しておく。
宿、レンタカー、電車、レストラン、観光地の入場、現地でのイベント(コンサートなど)

花の都の社交場を堪能しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

憧れのディナークルーズも最高でした。こちらをご覧下さい。

レストランは徹底的に調べ、日本で予約
HPがある店が殆どで、簡単にできます。本などを参考に、イベント、前後の食事内容とのバランスなど考えて予約。
人気店は数ヶ月前から予約しておくのが無難と思います。

観光地の入場も事前にweb予約
下手をすると数時間待ちが、待たなくて良くなります! 手数料も高くないのでお勧めです。
”行きたい場所名 事前予約”などで検索すれば情報が出てきます。

都市間はレンタカーで移動
美しい田舎の村が好きなので、車は不可欠。効率的か疲れないので最高です。
ナビは必須ですがスマホでOK。私は念のためGarminを持参しています。
尚、オプション指定しなくても今までの経験ではレンタカーにナビが付いていました。
保険はフルプロテクションとしています。縁石でアルミホイールを大きく傷つけ際、助かりました。

ミシュランガイドのルートプランナーがとても便利
距離・所要時間が判るうえ、道中にある美味しいレストランも表示してくれます。
サイトはこちらです。

宿の場所にこだわる
やりたいことによって変わると思いますが、私は下記で考えています。
訪れたい観光施設(協会、公園、遺跡など)に近く、地下鉄の駅や国道入り口など交通の便が良い場所

毎日、朝昼晩何回も、この風景を楽しみました!
日中は沢山の人でごった返していますが、殆ど誰もいない早朝や夜の風景も綺麗でした。

大都市は、一番訪れたい場所のすぐ近くで駅近に宿泊し集中的に楽しむ。
時間が許し3-5日民泊に連泊できれば、街に暮らしている様に徹底的に楽めます。
その場合は市場の場所も調べておくと便利で、街を楽しみ尽くせます。

この宿でのやりたい放題はこちらをご覧下さい。

レンタカーを使う場合は、宿もしくは近くに駐車場が有ることも重要。
但し、歴史地区なdの古い街中でないと行きたい所から遠くなる場合があります。
一度、その様な事があり、宿にお願いしてすぐ近くの駐車場を事前に予約して貰いました。
高額でしたが、行きたい歴史的な場所に近くキッチンもあり最高でした。

歴史地区の中なので、こんな場所へも歩いてすぐです。宿はこちらこちらをご覧下さい。

Follow me!

コメントを残す