309.料理 海外グルメ13(仏・Dijon郊外/Le Caveau du Diamant )

DijonディジョンとBeauneボーヌの間にある小さな街にある初めてクスクスを味わった店です。
この店のお陰で、クスクスが大好きになりました。

ご馳走続きで胃腸が疲れており、少し軽い食事がしたいと考え、
古城ホテル近くの街で南国風の看板が目に付いたLe Caveau du Diamantに入りました。

狭いカフェ風の1Fから地下に入るとエスニック風の店が広がっていました。
すこし早い時間で客は私達だけでしたので、
オーナーが料理の紹介と共に色々話をしてくれました。

オーナーは客船のシェフをしていた人で、横浜などにも入港したことがあるとのことで、
客船シェフを辞めててこの店を開いたようです。
お勧めはクスクスなど北アフリカ料理とのことでした。

アフリカ系女性シェフがおり、クスクスはその方が作ってくれた本格派で、
相当なボリューム感でしたが、クミンの風味が良く軽い感じで食が進みました。

とても美味しく、消化の良いお腹にも優しい食べ物のようで、
疲れていた胃腸が元気になり、クスクスが大好きになりました。

肉は少な目でお願いしたものの、私にとっては沢山入っていました。
肉抜き野菜だけで頼むと更にお腹に優しいと思います。
スープに肉の味が溶け込んで美味しいので十分満足できると思います。

街の賑やかな通りを少し過ぎてた辺りに店がありました。


この看板が目に留まり、ふらっと入りました。


地下にはエスニックな雰囲気のレストランが拡がっていました。


どれも美味しい料理でした。


店オーナーのお勧めのクスクスです。
ボリュームが有りますが、
軽い食感でお腹にやさしい料理で大好きになりました。
クミンの風味でとても美味しかったです。


食べ終わる頃、お客さんが何組か入ってきました。


この日の宿泊は古城ホテルで、
翌日の夕食はホテルのレストランを予約しておりましたが、
クスクスのお陰で胃腸の疲れが取れ良かったです。

このホテルの記事はこちらをご覧下さい。

Follow me!

コメントを残す