538.不透明な世の中で心穏やかに楽しく暮らす対策

足元、インフレ高進、不景気の足音、株や不動産などの資産価格下落など、
世界的に厳しい状況が益々悪化しつつあります。

ロシアによる戦争の影響は小さく無いものの、
私はこれが根本原因では無いと考えています。

真の原因は、
・紙幣大量発行
・2015年以降から続く世界的な化石燃料上流(生産設備)投資不足
の2点と私は考えています。

そう考えると、
今年投資決定した生産プラントが供給開始するのに4.5年は掛ると思われるので、


最悪、少なくとも2026,27年位までは世界的に景気悪化、資産価格下落すると懸念しており、
厳しい世の中が5年程続く事を考えています。

私は、最悪を想定した準備をし、心穏やかに暮らしたいので、
災害も含めて対策を見直しました。

1.インフレ対策
詳細は、過去の投稿をご覧ください→全体感各資産の評価過去の大インフレ実態
・定期労働収入確保:仕事継続(今の仕事+新しい仕事)
 収入はある程度インフレに連動すると期待します。

・資産分散:外貨、株EFT、金gold、不動産→2023年~2024年に掛けて割安購入
 株:30~35%,債券:当面0%,金:15%, 現金:20~25%,不動産:30~35%
 →金goldを20~25%に増やし,その分現金15%に減らすのが良い?


2.何が有っても暮らせる基礎強化
・健康維持:仕事継続=究極の健康法、体重適性化、運動週間(筋トレ、自転車、散歩)
こちらの投稿もご覧下さい。

・非常用対策:太陽光発電&蓄電池購入、水・食糧・カセットガス備蓄増

・約5年間の生活費の金goldでの確保
  
・食糧自給力アップ
 家庭菜園のレベルアップ:陽当たりの良いベランダ菜園等
 釣り道具の整備(針、糸、重り購入)

備えあれば憂いなし、
何事もなければ無駄が生じても保険料と割り切ります。

以下、詳細

FRBがインフレ退治の為、利上げ&QT(金融引き締め)徹底の意思表示。
これを受け、米国の株価や不動産価格が下落しています。

インフレの新の原因は、
過去の経済危機の際、影響沈静化の為に大量にお金を刷りすぎた事。
という考え方があり、私も同意します。

【現在のインフレ、エネルギー価格高騰の真因】
①インフレ:大量の紙幣発行(経済危機の都度、紙幣発行で問題先送りした結果)
②エネルギー価格高騰:2015年以降の世界的な化石燃料上流(生産設備)投資不足

下図の出展 
1970年代のオイルショック以降、増加?
ITバブル崩壊、リーマンショックで更に大量発行、コロナで大盤振る舞い。

【本質的な対策】
①インフレ:紙幣回収:利上げ&QT(金融引き締め)
②エネルギー:上流投資効果による供給量適性化(4,5年掛ると推定)

【本質対策による懸念】
①世界株・債券防暴落、不動産価格暴落、新興国通貨安&債務返済負担増
巨大な債務バブルの崩壊を懸念する声もあり、不気味です。

高金利&中央銀行が買っていたジャンク社債など売却→倒産増加、連鎖?

金利アップ&金利差で新興国通貨が対米ドルで安くなることで、
ドルやユーロで借金している国の債務返済が厳しくなり、デフォルト→連鎖?

②脱炭素化が進行すれば供給過剰となりエネルギー会社が苦戦
中東不安定化等→原油の9割以上を中東に依存する日本にとって一大事
*現在でも日本の最終消費エネルギーの約35%は石油です。

ヨーロッパは、エネルギー危機で凍死懸念あり、
その為、高エネルギー消費産業を休止必至・経済活動低迷

ヨーロッパエネルギー危機の原因は根深く、
自業自得の様に思われますが、下記3点があると考えます。

その為、戦争が終わっても2026,27年位まで苦しむのではないでしょうか。
今年投資決定した案件が供給開始するのに4.5年は掛ると思われる為です。

①2015年以降の世界的な化石燃料上流(生産設備)投資不足で化石燃料供給不足
最初は米シェールと中東の石油シェア争いによる原油暴落
(低収益での持久戦で投資できず)
最近はESG投資など環境問題として投資抑制

②脱ロシア化石燃料推進(ロシア依存度を大きく増やした中で)

③調整電源不足ままでの再生可能エネルギー加速(再生可能エネルギーは自然任せで不安定)
調整電源として重要な火力削減、ベースロード電源として有効な原発廃止も実施。
など

エネルギー自給率が12%程度しか無い日本は、
極めて脆弱なエネルギー安全保障実態です。

脱炭素で先行する欧州の失敗を見て、
国の事情に応じた国益に叶う動き(政治)が大切と思います。

今の政治家は選挙での当選を最優先に考えているとしか思えず、
大衆受けする政策しかしません。

まずは私達国民ひとり一人が良く勉強して、正しい知識を身に付けないと、
日本はドンドンおかしな方向に行ってしまう恐れを感じます。

Follow me!

コメントを残す