335.料理 海外グルメ26(France・シャンパーニュ/古城ホテル②Château d’Étoges)

生きているうちに楽しもうと、妻と思い切ってフランス旅行し、
パリからレンタカーでストラスブールに行く途中で、
シャンパーニュ地方にある古城ホテルChâteau d’Étogesに1泊しました。

宿については、こちらの投稿をご覧下さい。

田舎の小さな村にある古城ホテルで、
周囲にあるぶどう畑、裏庭含めた城の雰囲気がなんとも言えず静かで優雅でした。

特筆はレストランで、料理の素晴らしさはもちろん、
細身で少し猫背の年配給仕長が最高の味付けでした。

愛嬌のある外見ですが、料理の説明は滑らかで自信に溢れていました。
若い給仕達も彼には一目置ているようで、
料理の説明は全て給仕長にお願いしていました。

また、雰囲気作りも上手で、
”ワインはどうします?”、”健康の理由で飲めないので水ください”
”えー!ワイン飲まないの?ホントに、ホント?もったいない!”
という感じで会話に嫌みは全くなく、
楽しい雰囲気を作ってくれました。

部屋の窓からレストランを望む
右上の茶色い三角屋根の平屋がレストランです。

【夕食】
私達がレストラン一番乗りでした。

素晴らしい料理の数々
選べる皿は全て私と妻で違う物を頼んだので、
写真では1人前より品数が多くなっています。

嬉しいチーズのワゴンサービス。
お腹が一杯になったので3種類にしました。

妻は満腹となり、頼んだチーズはこれだけ。
給仕長が”これだけ?ホントにこれだけ?”と驚きながら、
楽しく給仕してくれました。

素晴らしい夕食を終え、
レストランを出たらすっかり暗くなっており、
ライトアップされた古城ホテルが美しく浮かび上がっていました。

【朝食】


Follow me!

コメントを残す