26.問題意識 背景3

6,10,17回目の記事で、私の思うところを色々紹介しました。
今回、もう少し私の想っていることを書いてみました。
まったく具体的ではなく、私自身、何をすべきか模索中です。
まさに“自分時間を増やし、何しない?”という状況です。

国(政治家、官僚)は、国民のためにやるべきことをやっていない、
国は、国民では無く既得権者の利益を優先している、などど偉そうに言っていますが、
正直、高度経済成長期の最後に、古い体質で年功序列が強く残る会社に就職でき、
単に生まれた時代のお陰で、今の若い方より有利な条件で生きた来られたと思います。

そのうえ、さらに老後が安心できる年金も確実に欲しい、それを減らす考えの国はけしからん、
というのは、わがままと言われるかも知れません。
コロナ禍もあり、派遣切りなどの言葉が聞こえる中ですが、
それでも私は、自分と家族の人生を最後まで幸せなものにしたいと強く考えており、
どうしょうもなく強欲なのかも知れません。

国が無駄を無くしながら、やるべき事、やれる事はまだまだ残っていると思われますし、
私たちが諦めて何もしなければ、何も良くなりません。


ひとり一人が考えを持ち、将来を良くしたいという想いをもって、各人の具体的目標に向かって
行動し、その様な人が増えれば、必ず変化が出てくると信じています。

幸運にも授かった残りの時間を活用し、自分と家族を幸せにし、廻りも明るくしつつ、
最終的に将来を良くすることに繋がる動きをしたい
と模索しています。





Follow me!

26.問題意識 背景3” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す