3.脳梗塞① 概要

数年前、解離性脳梗塞(かいりせい のうこうそく)で倒れ、
小脳の半分が動かなくなりました。
首にある脳への太い血管の内側が突然裂け、そこに血が流れ込み、
内側に膨らんで血流が詰まったとの事で、原因は不明。
特に前兆となる異状も無く、まさに“いきなりビックリ”でした。

それでも、大きな後遺症なく2ヶ月弱で復帰できたのは本当に幸運でした。
制約は有りますが海外出張もでき、”余生を授けられた”という実感です。

しかしながら、以前のように動き回ることはできませんし、
脳みその余裕が無いので頭が疲れやすく、残業は無理。
会社から帰宅後は、頭が重くベッドに横たわる状態でした。

結局、当時の仕事は続けられず、退職し、
負担の少ない仕事ができる会社に再就職させて戴きました。
*当時の会社が見つけてくれました。感謝!

右側の白く見える所が、動いていない部分との事です。

首から小脳へ行く2本の血管の1つが、今でもある程度詰まったままです。
*血液サラサラ薬が手放せません。

次回以降で、
・入院治療、リハビリ、社会復帰のあらまし
・発病時の状況、迅速な治療に繋がった行動
・脳梗塞を未然に防ぐための重要事項、その実践経験
などを掲載してゆきます。

自分の周りの先輩でも50歳以降で大きな病気をされた方が何人もおられます。
本ブログの情報が、皆さんの健康維持、大病予防の一助になれば嬉しいです。

Follow me!

3.脳梗塞① 概要” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す