404料理. 海外グルメ37(タイ・バンコク地元昼ご飯)

私は旅行が大好きで、
その土地の文化・歴史を感じたいと考えています。

そのため、
国内・海外共に現地の市場や食事が楽しみの一つです。

現在は、
洗練された食事が楽しめる欧州に一番興味が有りますが、
アジアなど 途上国も大好きです。

今回は、2つ目の会社の出張で訪問した際の記録で、
早朝に到着しその日は仕事が無かったので、
タイ・バンコクの地元食堂でのランチを楽しんだものです。


11月でありホテル前にクリスマス風の飾りが有りますが、
暑い中なので不思議な感じです。


google mapで大体の場所のイメージを掴んでから、
店がありそうな方向に歩きます。

バンコクは大都市ですが、
アジアの混沌さがあり楽しいです。

大通りには歩行者信号はありません。

車を見ながらゆっくり同じペースで歩けば、
運転手も慣れたもので、
スピードを調整して渡らせてくれます。

急に走ったりすると却って危険と思います。


10分程でお目当ての庶民食堂前に着きました。

私はこの感じが大好きで、
学生時代にトランジットでバンコクに泊まった際、
味わった美味しいぶっかけご飯の記憶が蘇ります。

昼食時は店頭にたくさんの料理が並び、
数種類を選ぶとお皿に盛った白飯にぶっかけてくれます。


どのおかずも興味深く美味しそうなので、
つい沢山頼んでしまいました。

頼んだおかずの種類が多過ぎたのでしょうか、
店の人が顔をお見合わせ、「しょうがないなあ」
という感じで笑いながら盛り付けてくれました。

学生時代も沢山頼み過ぎた事を思い出し、
進歩していない自分に苦笑いです。

お腹一杯、大満足で200円しません。
この安さもアジア庶民ご飯の醍醐味です。

Follow me!

コメントを残す